50年以上マイナーチェンジされない完成度のユニタスムーブメント

スイス製懐中時計用手巻き式ムーブメントといえば、オーガストレイモンド社が開発した名作キャリバー、unitas(ユニタス)。根本的な構造は1930年代にできており、1968年の登場から現代まで、ほぼ仕様変更されることなく生産され続けているロングセラームーブメント。

もともとは懐中時計用ということもあり、地板ひとつとってもサイズが大きいのが特徴で、過去にはパネライで使用されたことも有名です。ちなみに、品番の末尾に「-1」がある場合は、毎時18000振動とアンティークウォッチと同じくロービートで「-2」の場合は21600振動と仕様が異なる。「-2」の方がロングパワーリザーブで、後に誕生したカスタムモデルとなります。腕時計に使用されることが多いのですが、正美堂50周年記念モデルのスイスムーブメント仕様では、あえて「-1」を使用しています。

理由としては、古くからの時計らしさといえる、ロービートの音色を耳を通じ楽しんでいただきたいためです。パワーリザーブの長短はともかくとして、手巻き式時計はゼンマイを一日に一度、できる限り同じ時間帯に巻き上げることをおすすめしています。ロングパワーリザーブにはあえてこだわらず、カスタムされていないベーシックなムーブメントを、使いながらお楽しみいただきたくセレクトしています。もちろん、正美堂時計店にて精度の調整をおこなっており、アフターケアもおまかせいただけます。

時計初心者にも楽しんでいただきたく、リーズナブルな価格設定のアジアムーブメントタイプと比べ、スイスムーブメントモデルは、末永く愛用していただきたいという想いを込め製作しています。

文字盤には特別装飾をしていませんが、正美堂時計店で組み立てた証として、ムーブメントにはお店のロゴを刻印しており、他では手に入らない仕上げとなっています。

既存のブランド品とは異なる、時計本来の楽しみ方ができる時計。これこそが、正美堂時計店50周年モデルの最大の魅力なのです。

手作業なので大量生産はできませんが、一本一本心を込めて製作しています。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: ご利用頂いたお客様の声, スタッフ日記 | コメントする

3年の時を経て、ついにあの和時計が復活いたしました。

その名も「江戸之刻」

現代は一日24時間で表示する「定時法」ですが、明治時代までは、季節によって時刻の流れが変動する「不定時法」が日本では当たり前だったのです。「丑三つ時(うしみつどき)」「三時のお八つ(おやつ)」などが不定時法の時代から残っている名残の言葉ですね。

江戸之刻の最大の特徴として、付属品の12枚あるリングを月に合わせて変更し、不定時法の時刻を表現する仕組みになっています。もちろん、リングを使わずとも通常の時計としての使用が可能となります。

「今何時?」と人に聞かれることはよくありますが、定時法ではなく不定時法で返答する、というのも現代では珍しく、新しい会話が生まれる時計と言えるでしょう。

懐中時計は3つのカラーが存在し、お好みのタイプをお選びいただけます。この三年の間に多数のお問い合わせをいただいた、人気の和時計がマイナーチェンジをおこない復活しました。

まだサイトへの掲載は追いついていませんが、近日中に掲載される予定です。事前にでもご注文を承ることは可能でございますので、ご希望の方はぜひご連絡くださいませ。

正美堂

088-873-5678

または

toiawase@syohbido.co.jp

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

サイズがピッタリ合うスイスムーブメントの素晴らしさ

正美堂時計店50周年記念モデルを組み立て完了。今回は、ムーブメントに正美堂のロゴを刻印しており、よりオリジナリティが出ています。自分で組み立てていて感心しますが、スイスムーブメントの完成度の高さには驚きます。時計は0.1mm程度誤差があるだけで、パーツがきちんと収まってくれないという細かい世界なのですが、ユニタスは大柄なムーブメントでありながら、その誤差はほぼ皆無と言えます。

今回もオールドムーブメントをオーバーホールし組み立てていますが、下手をすれば数十年もの年代が違うのに、部品がピッタリ合うというのは、いかに完成されたムーブメントであるのかと感心させられます。

スイスの伝統ある手巻き式ムーブメント、ユニタス6498を搭載した正美堂オリジナルウォッチの魅力を、ぜひお使いくださいませ。

大量生産の時計と比べると生産本数は少ないですが、愛用のルーペを通じ、マクロな世界で時計のパーツと向き合いながらコツコツ組み立てています。

手作り感ある時計に仕上げています。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

あまり語られないエポスの隠れた魅力

時計ブランドとしては後発組で、老舗ブランドと比べると若いエポス。1969年にセイコーがクォーツを発表して以降、機械式時計ブランドに倒産や休眠を余儀なくされた「クォーツショック」。エポスは、そんなクォーツ全盛の時代に、機械式時計のみを取り扱うブランドとして誕生しました。

当時の情勢を考えると、なかなかチャレンジャーなブランドであるといえます。

懐中時計も積極的に製造する数少ない、日々進化を続けているブランド、エポス。

裏側を見てみると、文字盤の裏には代表的な加工である「ペルラージュ模様」が刻印されています。通常、文字盤の裏には手が加えられないのがほとんどの中、細かいところへ手が加えられているエポスは、見えない部分にも手を抜かない、しっかりとしたブランドと言えるでしょう。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

ベルト一つで雰囲気が変わる

久しぶりにベルトを新調。

正美堂オリジナルウォッチのラグ幅は22mmなので、今回はサイズをぴったり合わせてみた。やはりサイズが合っているベルトをつけると、時計が不安定に動くことなく収まってくれます。たった1mmと思われるかもしれませんが、されど1mmで雰囲気、使用感に影響が出るのが時計なのです。ちなみに、ベルト

も正美堂オリジナルです。

ラグ幅は22mm。

いつもは好みでカーキやブラックなど単色を選びますが、今回は遊び心を加えてみようと、赤のラインが入ったタイプをセレクト。これはこれでいい感じです。

よりいっそう個性ある時計へと進化しました。もちろん、サイトに掲載あるオリジナルウォッチにも装着可能です。時計はその人を象徴するアイテム。ベルトを交換するだけでも、全く違った印象になるので面白い。

https://www.syohbido.co.jp/item/00006s50hwm.html

NATOナイロンは、工具を一切使用せず脱着が簡単に行えるので、汚れたと思ったらサッと外し洗うことができる、夏場など汗をかきやすい季節に向いているベルトでもあります。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

自分で作るオリジナルウォッチ

長らく待った文字盤のサンプルが届いた。今回のはユニタス6497用なので、9時方向にスモールセコンドがあるタイプ。手持ちのスイス製懐中時計を分解、スケルトンムーブメントを移植しきちんと針を付けてみた。今回は以前よりも正確にでき、文字盤を傷つけることなく針付け成功。

ミリタリーテイストのパイロットウォッチが完成。裏面を見ると、スケルトン用に装飾が施されたスイス製ユニタス6497のムーブメントを見て楽しむことができます。毎時18000振動のロービートなので、耳を近づけると時計らしい音でも楽しむことができる、特別な時計に仕上がりました。

本来の懐中時計から、腕時計へと変化。本来スケルトンなので魅せるムーブメントは表側からは見えなってしまいましたが、裏面を見る楽しみができました。

自分で作った時計は、欲しくて手に入れた時計とはまた違う魅力があります。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

自分で組み立てた時計は愛着が湧く

最近出番が多いこの時計。

先日からたまに掲載している、正美堂時計店創業50周年記念モデルとして誕生したオリジナルウォッチ。他では手に入らない時計なのはもちろんなのですが、じつはこの時計、単なるオリジナル時計ではないのです。

この時計の以前の姿は懐中時計だったのです。以前正美堂とスイスのマーヴィン社がコラボして製作したオリジナル懐中時計、PEACEのムーブメントを使用しているのです。当店に長年眠ってあったサンプル品で、パーツの破損から僕の練習台として分解、組み立てを行っているムーブメントでした。

ムーブメントは幸いにもトラブルはなく、せっかくなので時計として使用できないかと考えていたところ、オリジナル用に用意した外装パーツが一式あったので、自力で組み立ててみた一本なのです。

組み立てる前は、割と自信満々だったのですが、やってみるとやはり当店の店頭で毎日時計を触っている、一級技能士にはかなわないなと実感しました。ムーブメントに文字盤をつけるのは問題がなかったけど、針の取り付けでだいぶ手間取り、よく見なければわからないけど、実は文字盤に軽い小傷をいくつかつけてしまっています。

失敗作だとは思っていたけど、自分自身で完成させた腕時計には、何とも言えない愛着が湧いてきます。

こんな感じで、自分だけの一本を所有する楽しみを、正美堂オリジナルウォッチは伝えていければと考えています。

今では時代遅れのアナログ手巻き式ですが、自分でゼンマイを巻くことにより、命を吹き込まれたように元気に動き出す時計を見ると、最先端のものにはない、独特の喜びを感じられる時計です。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

いざという時に備えておくと役立つ時計といえば

時計離れが多いと言われる現代。もちろん今の時代はスマホ一台で全てを兼ねるから、時計は必要ないという人もいるが、いざ日常が崩れる事態、インターネット回線が通常でなくなるだけで、スマホの利便性は損なわれてしまいます。そんな時、一つのツールとして役に立つ時計を持っておくことは、一つの備えと言えるでしょう。

持っておくと役に立つ、ツールとして使える時計をいくつかご紹介します。

・MTM スペシャルOPS

アメリカ軍と共同開発した事で話題を呼び、最先端の現場で活躍する兵士の意見を反映したスペシャルOPSシリーズのファルコン。視認性の高いシンプルなアラビア数字文字盤が特徴的な時計だが、最大の特徴は2次方向にあるねじ込み式ロックを解除し、ボタンを押すと放たれる光である。

一度押すと文字盤全体を照らすバックライトで、真っ暗闇でも確実に時刻を確認できる信頼性を持ちます。さらにもう一度押すと、文字盤を見る顔をそむけるほど強い、ホワイトトーチライトが光ります。

光は想像以上に強く、蛍光灯のような白い光を放つので、暗所でも地図などの情報を問題なく確認することができる。光のない場所で、簡易な懐中電灯としても使用できるほどの光源となります。

ガンガン使用してバッテリーが上がってしまっても、付属品の充電器に乗せて放置すると、内部のムーブメント分もきちんと充電されるのが、他のライト付きウォッチにはない、MTMならではのいいところと言えるでしょう。

見た目には分かりづらいが、ブラックカラーでもステンレスとチタニウムが存在し、比較してみると体感する重さが全然違うことに気づきます。どちらがいいかはオーナーとなる人間の好みに委ねます。

ちなみにブラックの方は、ブラックコーティングされた銃のように、使用するほどに摩耗が多い部分ほど下地の色が出てき、自分だけの時計へと進化してくれます。

MTM スペシャルOPS

https://www.syohbido.co.jp/item/00006ti001b.html

・ビクトリノックス INOX

ブランド名である「VICTORINOX」の後ろ4文字である「INOX」をシリーズ名に冠したシリーズで、独自の130種類に及ぶ耐久テストにクリアしたモデル。ちなみにモデル名であるINOXは、ステンレス鋼の意味を持つ言葉でもある。

ツールナイフ製作の技術が惜しみなく注がれた時計で、ブランドのコンセプト「COMPANION FOR LIFE」(人生の仲間)にふさわしい仕上がりになっています。

熱、衝撃、薬品、荷重などあらゆるストレステストをクリアし、日常を超越した環境でも壊れることなく動き続ける時計を目指し開発されたINOX。針を使用していなく、内部に歯車の存在しないデジタルの時計では耐久性能の優れた時計があるが、アナログではありそうで実はない。

少しくぼんだところへ配置されたサファイアクリスタルガラスなど、構造を見ても頑丈である事がうなずけるスペック。

実際に車やバイクで轢いてみたが、小傷はつくものの、時計は全く変化なく動き続けていました。実際に店頭でデモ機を設置しており、たまにお客様の前でもデモンストレーションで時計を投げたりしますが、当たり前に動き続けています。

様々な派生モデルが発表されていますが、ベルトもハイスペック。

ビクトリノックスを代表するシリーズです。

ブラックカラーラバーベルト

https://www.syohbido.co.jp/item/000062416821.html

見た目は普通でも、火で炙っても大丈夫ほど頑丈なラバーベルト。

パラコードモデル

https://www.syohbido.co.jp/item/00006241744.html

解くと非常用のロープとして使用できるパラコードベルト。

・フォルティス B-42コスモノートクロノグラフ

ロシアのガガーリン宇宙訓練センターから宇宙ミッションへ飛び立つ、宇宙飛行士の公式装備品としても有名なフォルティス。ラテン語で「強い」を意味するFORTISをブランド名に冠し、宇宙空間でも実用されている実用性の高いコスモウォッチとして人気です。

水中でも使用できる20気圧の防水性能、最大12時間まで計測できるストップウォッチ機能のクロノグラフや、1時間以内の時刻を計測できる、逆回転防止ベゼルなど計測ツールとして使用できるコスモノートクロノグラフ。

実際に使用し始めて10年目に突入しますが、安定した精度と、少々の衝撃(ぶつけたり落としたり)では全然ダメージを受けてない、ブランド名に恥じない時計です。

長く愛用できる機械式タフネスウォッチをお探しなら、ぜひおすすめなブランドです。

フォルティス B-42コスモノートクロノグラフ

https://www.syohbido.co.jp/item/000066381011m.html

・アヴィエーター MIG-29

もともとロシアの時計ブランドであったAVIATOR(アヴィエーター)がスイス製に生まれ変わりました。

スイス時計の聖地の一つでもある、ジュラ地方の町ポラントリューで生産されているアヴィエーターの時計は、レトロな航空機の計器をイメージしデザインされたモデルなど、スイスらしいクラシカルな仕上げのモデルもある。

2019年に発売が開始されたMIG-29はクォーツクロノグラフで計器然とした見た目はさることながら、実はベゼル部分には「回転計算尺」が設置されているのが特徴的です。

目的地までの航続距離や燃料計算ができる回転計算尺は、他に簡単な掛け算、割り算ができるのも便利な機能で、慣れると日常的に使用が可能。目盛りを回転させるだけで計算できるので、使い方を知っておくと役に立つ機能です。

アヴィエーター MIG-29

https://www.syohbido.co.jp/item/00006m23002206.html

・トレーサー MIL-G

湾岸戦争時代にアメリカ軍に使用されたトレーサー。明るいとことで光を吸収し、暗い場所での視認性を確保したルミノバとは違い、昼夜問わず光を自己発行している、トリチウムガスライトを文字盤と針に配置し、暗所で高い視認性を出したことが人気の理由と言われています。

あまりに明るく目立つことから、敵兵に見つかってしまったという逸話があり、文字盤のくぼんだ位置にトリガライトが配置されています。

トリガライトを発明した、MB-マイクロ・テック社が開発したブランドがトレーサーなので、トリガライトの本家本元ブランドとして現在でも高い人気を呼ぶブランドです。看板モデルのMIL-Gは、背面に米軍の基準であるMIL-SPECを満たしており、文字盤にはブランド名の表記がない、軍用モデルと近い状態になっています。

軍用とのたった一つの違いは、日常生活で役立つカレンダー機能があるかないかです。

トレーサー MIL-G

https://www.syohbido.co.jp/item/000069031572.html

まだまだ使える機能の備えておきたい時計はありますが、こちらはまた別の機会にご紹介できればと思います。

いざという時計に使える時計の基本で言えば、とにかく防水性能は優先するのがいいかもしれません。どんなに多機能でも、内部に水が侵入して使用できなくては意味をなしませんから。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

美しいコートドジュネーブ仕上げのパイロットウォッチ

令和元年に誕生した、正美堂50周年オリジナルウォッチの進化版が完成しつつあります。

今度のタイプは、ミリタリーパイロットウォッチタイプ。

第二次世界大戦時のパイロットウォッチをモチーフにデザインされた、白黒コントラストの明確な文字盤と針。蓄光加工が施されており、明るいところで光を溜め、暗いところでも時刻を確認できるよう加工しています。

手巻き式で、大きく存在感のあるリューズが、敬遠されがちな手巻きがよりやりやすく仕上げ、裏面からはコート・ド・ジュネーブ仕上げの美しいムーブメントを見て楽しむことが可能です。

スイス製手巻き懐中時計のムーブメントとして最も人気の高い、ETA社のUnitas6498ムーブメントを使用。もちろん正美堂オリジナルウォッチなので、当店の技能士が精度をチェックの上組み上げています。安定した精度で、定期的なメンテナンスを行うことにより、半永久的に愛用し続けられる、長年愛用する価値のある一本です。

もちろん正美堂時計店の保証がついており、アフターケアも当店にておこないます。他にはない手巻きパイロットウォッチをお探しの方は、ぜひ当店までご連絡くださいませ。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 | コメントする

令和も正美堂時計店をよろしくお願いします

ついに令和元年になりました。

西暦で2019年の今年は、正美堂時計店が誕生し、ちょうど50周年という節目の年となります。

時代は進化し、時計は本来の目的である「時間を見る」道具から「個性を表現する」アイテムへとその役割を変えてきています。また、スマートウォッチなど時計の枠を超えた、次世代の便利なアイテムも続々誕生しています。

50年前の1969年、昭和44年当時は、この年にSEIKOが発表したクォーツが普及し始めた年で、まだまだ機械式時計が一般的な時計として、当たり前に使用されていた時代。

今でこそ毎日電池交換をご希望のお客様がいらっしゃいますが、当時はクォーツムーブメントが発表されたばかりということもあり、オーバーホールなどのメンテナンスの方が多かった時代です。

半世紀の節目ということもあり、原点回帰の意を込め、正美堂ではオリジナルウォッチを開発しています。

「アナログの面白さ魅力を、これからの令和以降、新しい世代にも親しみ楽しんでもらいたい」

平成の終わりが決まった時から、この想いが日ごとに強くなり、熟考した結果、正美堂が自信を持って提供できる、新しい時計を開発したいと考えるようになりました。

時代に逆行しているようですが、正美堂オリジナルの手巻き式時計を開発しています。

いくら高性能なスマートウォッチの方が普及しても、そのルーツは懐中時計であり、機械式腕時計なのです。今から生まれる、または時計に興味を持つ世代の方にも、機械式時計の魅力を伝えねばと思い、面白みのある時計を作りたいと思うようになりました。

最初のモデルは、機械式時計らしさが感じられる、スケルトンウォッチ。

歯車やゼンマイが丸見えになっており、躍動感あるテンプ輪の動きなど、見て楽しめる時計を作り続けていくつもりです。もちろん、精度の調整や組み立ては当店で行っております。

今後のモデルでは、スイス式手巻きムーブメント、ユニタス6497や6498を使用しているモデルを予定しておりますが、まずはお買い求めやすい価格帯にするため、シーガルムーブメントを採用。ここをスタートに、様々なバージョンの時計を開発予定です。

令和元年に生まれた、正美堂のオリジナルウォッチをぜひ使用してみてください。

節目を迎えた、正美堂時計店を令和もよろしくお願いいたします。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: ご利用頂いたお客様の声, スタッフ日記 | コメントする