ムーブメントを替えると雰囲気も一新

スイス製機械式懐中時計の心臓部分に使用されるユニタスムーブメントには、大きく分けて二種類存在します。12時方向にリューズがあり、対面の6時方向にスモールセコンドがある、キャリバー6497。主に蓋のないオープンフェイスの時計によくあるパターンで、腕時計では3時方向にリューズが配置され、9時方向にスモールセコンドとなります。リューズと秒針が一直線で配置されているのが特徴です。

もう一つは、3時方向にリューズがあり、6時方向にスモールセコンドが配置された、キャリバー6498。蓋付きの懐中時計に使用されることが多く、腕時計では懐中時計と同じ条件で配置されることが多いムーブメント。

以前正美堂とスイスのマーヴィン社が共同開発した懐中時計では、過去の時計を復刻ということもあり、オープンフェイスでありながら3時方向にリューズが配置され、6時方向にスモールセコンドと現行モデルにしては珍しい仕上がりの時計でした。時代が腕時計主流という背景もあり、違和感なく使用していただければとこの配置で製作しました。

すでに完売したモデルですが、見本用のパーツがあったので組み立ててみました。ムーブメントにはあえて6498を使用することで、リューズの配置を12時方向に変更。ユニタスの二つのムーブメントは互換性があるので、こういったカスタムが実現できるのです。

完成した顔を見ると、なかなかいい仕上がりになりました。たまに雰囲気を変えてみるのもいいものです。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: ご利用頂いたお客様の声, スタッフ日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です