サイズがピッタリ合うスイスムーブメントの素晴らしさ

正美堂時計店50周年記念モデルを組み立て完了。今回は、ムーブメントに正美堂のロゴを刻印しており、よりオリジナリティが出ています。自分で組み立てていて感心しますが、スイスムーブメントの完成度の高さには驚きます。時計は0.1mm程度誤差があるだけで、パーツがきちんと収まってくれないという細かい世界なのですが、ユニタスは大柄なムーブメントでありながら、その誤差はほぼ皆無と言えます。

今回もオールドムーブメントをオーバーホールし組み立てていますが、下手をすれば数十年もの年代が違うのに、部品がピッタリ合うというのは、いかに完成されたムーブメントであるのかと感心させられます。

スイスの伝統ある手巻き式ムーブメント、ユニタス6498を搭載した正美堂オリジナルウォッチの魅力を、ぜひお使いくださいませ。

大量生産の時計と比べると生産本数は少ないですが、愛用のルーペを通じ、マクロな世界で時計のパーツと向き合いながらコツコツ組み立てています。

手作り感ある時計に仕上げています。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です