ベルト一つで雰囲気が変わる

久しぶりにベルトを新調。

正美堂オリジナルウォッチのラグ幅は22mmなので、今回はサイズをぴったり合わせてみた。やはりサイズが合っているベルトをつけると、時計が不安定に動くことなく収まってくれます。たった1mmと思われるかもしれませんが、されど1mmで雰囲気、使用感に影響が出るのが時計なのです。ちなみに、ベルト

も正美堂オリジナルです。

ラグ幅は22mm。

いつもは好みでカーキやブラックなど単色を選びますが、今回は遊び心を加えてみようと、赤のラインが入ったタイプをセレクト。これはこれでいい感じです。

よりいっそう個性ある時計へと進化しました。もちろん、サイトに掲載あるオリジナルウォッチにも装着可能です。時計はその人を象徴するアイテム。ベルトを交換するだけでも、全く違った印象になるので面白い。

https://www.syohbido.co.jp/item/00006s50hwm.html

NATOナイロンは、工具を一切使用せず脱着が簡単に行えるので、汚れたと思ったらサッと外し洗うことができる、夏場など汗をかきやすい季節に向いているベルトでもあります。

正美堂 合田圭四郎

カテゴリー: スタッフ日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です