WATCH NAVI VOL,53 53ページにティソが掲載されました

WATCH NAVI VOL,53 53ページにティソが掲載されました

WATCH NAVI VOL,53 53ページ、コストパフォーマンス抜群! エントリーブランド徹底研究にティソが掲載されました。

老舗の実力を存分に発揮!歴史に根ざした正統派モデルが充実というキャッチで、スポーツからドレスウォッチまでの幅広いティソらしさが紹介されています。

スイスで販売される時計の4本に1本はティソ、と言われるほどの販売本数を誇っており、日本ではまだまだな知名度ながらも世界で見れば愛用者がとても多いのがティソなのです。近年ではオリジナルムーブメントを搭載しながらもリーズナブルな価格設定が人気を呼んでおり、幅広い年齢層のお客様から高い評価を得ています。

時計の本場スイスで150年以上のブランドはいくつもあります。腕時計はまだまだ100年足らずの歴史で、それまでは懐中時計が主流だったのです。なので歴史あるブランドは必ず懐中時計を製作していたり組み立てていた歴史があるのですが、現行作っているブランドはほとんどありません。

そんな中でも、ティソは数少ない現行の懐中時計ブランドであるのです。しかも嬉しい事に、毎年少しではありますが新モデルを開発しているのです。

生産モデルがたいへん多く、その幅広さから人気が出るのは必然的と言えるでしょう。160週年を記念して復刻されたワールドタイマーなど、人気モデルの入荷がかなり遅れているのは少し残念ですが、生産が追いつかないほど世界中に多くのファンを持つブランドなのです。

創業161年となる新たなる時代に突入し、2014年もすでに新しいモデルが発表されているティソは、今後も期待できるブランドの一つです。

ウォッチバイヤー:合田圭四郎

ティソはこちらをご覧ください。

カテゴリー: スタッフ日記, ティソ(TISSOT) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。