トレーサー/TRASER/H3/ナビゲーターダイバーズの防水について

トレーサー/TRASER/H3/ナビゲーターダイバーズを購入させて頂きましたM(仮名)です。

この時計について質問なのですが、水深何メートルくらいまでの耐久力があるのでしょうか?
本格的なダイバーズウォッチとは異なるような外観で、あまり深く潜るには適してないのかと
思っております。

当方、スキューバで使う予定はないのですが、プールやシュノーケリングなど、
せいぜい水深5メートルくらいかと思います。

夏の海への旅行で使いたいので、アドバイスよろしくお願いします。

トレーサー/TRASER/H3/ナビゲーターダイバーズをお買い上げいただきました、
M様(仮名)からのご質問

■返答
お買上げいただきましたモデルは、20気圧防水となっており
200m水域の気圧に耐えられる様に作られております。
この200mというのは、あくまでその地点で自然に発生している
水圧に耐えられるというだけで、泳ぐ為に手を動かすだけで
それ以上の水圧が時計に加わってしまいます。

もともとこの時計は米海軍特殊部隊である「ネイビーシールズ」が使うモデルとして
製作されている事もありますので水中での実績はありますが、具体的に
何m潜れるのかは正しいデータがありません。

ただ、メールに書かれているプールやシュノーケリングに関してましては
何ら問題はございませんのでご安心くださいませ。

しかし注意点があり、3時方向にある、時刻やカレンダーを調整する「リューズ」
こちらがこの時計で唯一水が侵入する場所となります。
リューズはねじ込み式になっておりますので、常に閉めておけば
浸水する可能性はまずありえませんが、カレンダーはおよそ2ヶ月に1度(2、4、6、9、11月)に
調整する必要があり、この時にリューズを閉め忘れていたりすると本来の防水性能を
全く発揮いたしません。ご使用の際は必ず閉めていただくようお願いいたします。

また、いくら防水性能が優れているからといっても、水とお湯は別ものとなります。
水の浸入を防ぐ為にねじ込み部分にはゴム製のパッキンが入っているのですが
お湯の場合ですとこちらが熱で変形してしまう可能性があります。
決してお湯の中ではご使用いただかないようにお願いします。

夏場、多少上昇した水温に関しては問題ありませんのでご安心ください。

カテゴリー: ダイバーズウォッチについて, トレーサー(TRASER, 腕時計に関するQ&A パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です