エポス(EPOS)取扱説明書にはない、手巻き式リューズの巻き方について

Q
EPOSの取扱書には、ゼンマイを巻くためには「時計回り」リューズを回す、とありましたが、この「時計回り」を「時刻調整の際に針が時計回りに動く方向」と解釈してしまいました。

時計が動く気配が無いことから、逆だと気づきましたが、内心「回しすぎてねじ切れた?」とかなり焦ってしまいました。

>時計素人は結構意外なところで悩むのかもしれません。

A

貴重なご意見本当にありがとうございます。

そうですね、説明書ではわかりにくいところがたくさんあります。

H様からのご意見で、特に機械式時計ご購入のお客様には手書きメッセージを(使い方や注意点等)を同梱させていただくようになりました。

もうわかっておられるかもしれませんが時計を持ちリューズを引かず、リューズを押し込んだかたちでリューズを上方向(前)に大きく回してください。

できれば、親指と中指にリューズをはさみ、大きく確実に巻いてください。その指は、離さずに後ろへ戻しまた
前へ・・・後ろへ・・・と繰り返し
重くなったらゆっくりと回してください。

後ろへリューズを回す時は空回りです。

自転車のペダルと同じ感覚です。

リューズを前に回し指を離すと、「パンッ」ともどりほかのネジ類がゆるむことがあるので、指を離さず前へ・・・後ろへ・・・を繰り返してください。

カテゴリー: エポス(EPOS), 腕時計に関するQ&A パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です